子供が保育園に通い始めたら

保育園はこれからの集団生活の基盤となります。子供が保育園に通い始めたら、親御さんもそれに合わせた対応が求められます。

下記のことを意識し子供と向き合う習慣をつけることで、子供の成長を促すことができるでしょう。

子供をよく褒めてあげる

保育園に通ってから子供の様子が変わることもあるはずです。多くの子供が自身の感情を表現するために親御さんに話をしてくると思います。話したいことがあれば本人から話してくれるのです。

友達の話や保育園での出来事など、話してくれたことは褒めてあげましょう。そうすることで子供に自信がつくはずです。自信がつけば安心して保育園生活を楽しむことができるでしょう。しかし、悪いことをしている場合は、きちんと注意することが大切になります。

子供とのコミュニケーションを大切にする

保育園では様々な人間関係があり、色々な性格の子供たちがいます。その人間関係の中で、心を傷つけられることを言われることもあるかもしれません。子供は大人と違い、ストレスの感じ方が大きいとされています。

身体的にも発熱など体調を崩しやすい時期でもあるので、それにストレスが加わると保育園に行きたくなくなるきっかけになってしまうことも考えられます。日頃から子供が話しやすい環境をつくるためにも、家族での会話の時間を増やすことを心掛けてコミュニケーションをしっかりとりましょう。

子供が保育園に通い始めたら上記のことに気を配りましょう。保育園は子供のこれからにとっても大事な時間になってくるはずです。集団生活や人付き合いなど子供なりに様々なことを学ぶことができる場所です。

東京都港区元麻布にあるJ’sはインターナショナルスクールの保育園です。義務教育の英語だけでは、英語をマスターすることができないのは明らかです。インターナショナルスクールに子供を通わせるご検討をされている方はぜひJ’sをお選び下さい。