子供が勉強嫌いになる原因

英語に限らず勉強が嫌い、または苦手と感じる子供は少なくありません。学力を伸ばすためには、勉強に対する苦手意識を取り除き、前向きに取り組むという気持ちが必要です。そのためには子供が勉強を嫌い・苦手になる原因を把握することが重要になります。

勉強でつまずく

小学校に入学し本格的な授業が始まると、次第に勉強に対する理解力に個人差が現れはじめます。スムーズに授業を理解できる子供がいる一方、理解できず授業についていけない子供もいます。理解できないまま授業が進んでしまうと、分からない部分がどんどん増えていき最後は行き詰まってしまいます。

ちょっとしたつまずきも、子供の勉強嫌いを加速させる大きな要因です。分からないことはそのままにせず、子供のつまずきポイントを攻略できるようサポートすることが大切です。

興味・関心が持てない

好奇心いっぱいの子供たちですが、勉強に対してはあまり興味・関心が持てない場合があります。大人になると勉強が必要な理由が分かりますが、勉強を始めたばかりの子供たちは、勉強が何の役に立つのか分かっていません。少しでも勉強は楽しい・おもしろいと思わせるきっかけがない限り、勉強に興味・関心を持たせるのは難しいものです。

勉強に興味・関心を持つ時期は1人1人異なります。子供の様子を細かくチェックし、ベストなタイミングで勉強をさせてみることがポイントです。

勉強を強制される

子供の頃、親から「勉強しなさい」と言われて育った方も多いと思います。その際、勉強に対するモチベーションが下がったこともあるのではないでしょうか。

子供の将来を考え、親はついつい勉強を強制することがありますが、子供にとって「勉強とは嫌なもの」というイメージを作る原因となってしまいます。勉強を好きになってもらうには勉強を強制するのではなく、子供自身が勉強の楽しさを見つけられる環境を作る必要があります。

保育園・幼稚園などの幼児期は、子供の人間形成に大きな変化をもたらす時期でもあります。東京都港区のインターナショナルスクールJ’sでは、子供1人1人に合った個性を伸ばす保育指導を行っております。一般的な詰め込みタイプの英語教育ではなく、子供の成長に繋がる楽しい英語教育を行います。