子供の英語教育について

近年は幼児の英語教育に対する意識が高まり、我が子には早くから英語を学ばせたいと考える親御さんが増えてきています。英語が話せるようになると仕事の幅も広がり、世界に関心を抱くきっかけにもなります。

幼児期から英語教育を始める理由

「0歳児からの英語教室」や「英語教育を取り入れている幼稚園」など、日本国内では幼児期から英語が学べる環境が整ってきています。なぜ幼児期から英語教育を始める必要があるのかというと、子供は大人よりも聴力が優れているからです。大人になると英語のLとRや、CとKの発音の違いを聞き分けるのが難しくなりますが、子供はそれをしっかり聞き分けることができます。

英語には日本語には存在しない音がたくさんあるため、子供の頃から英語を聞くことで自然と発音の違いを聞き分けられるようになります。また、子供は周囲の人の言葉を聞いて、聞いた言葉をそのまま発音する能力を持っており、英語を聞いて話す工程を日常的に繰り返すことで、日本人にとって難しい発音も難なく習得することができます。

英語を使う機会が少ない日本

全く英語を話せなくても、ずっと日本にいるのであれば全く問題なく生活することができます。この英語を必要としない日本の生活は、英語を学びたい人にとってはあまり良い環境ではありません。

言語は日常的に聞いたり話したりしないと身につかないので、子供に英語教育を受けさせたいとお考えであれば、インターナショナルスクールがおすすめです。インターナショナルスクールでは授業のほとんどを英語で行っているので、日本で生活している子供でも英語に慣れ親しむことができます。

港区にあるインターナショナルスクール

東京都港区でインターナショナルスクールをお探しなら、J’sインターナショナルスクールへお越し下さい。J’sは保育園から幼稚園までの子供たちが通うインターナショナルスクールです。

英語教育だけでなく、古き良き日本の伝統文化を学ぶカリキュラムも取り入れています。学費やカリキュラムなどのご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。