日本における英語教育の問題点

異文化交流が活発に行われる現代、様々な国の言葉が飛び交う中でも世界共通語である英語は、異文化交流を行う上で欠かせない存在です。2011年には英語が小学5・6年生の必修科目となり、英語の重要性が高まりを見せています。英語教育が重視される一方で、日本の英語教育にはまだまだ課題があるのが現状です。

こちらでは日本の英語教育に見られる問題点をいくつかご紹介します。

受験英語が優先されている

英語の重要性が注目され始めると同時に、世界で活躍する人材を育てるには実践的な英語が必要と考えられるようになりました。しかし、日本の英語教育では未だ実践的な英語よりも、テストや高校・大学の入試試験に出される受験英語が優先されています。

受験英語は英文読解や文法力を中心に学習するため、多少のミスも許されない空気があります。そのため、実際に英語で会話しようとしても「文法が間違っているのでは?」と不安になり、結果として英語で話すことをためらってしまうケースが多いのです。

使用しないフレーズ・英単語

英語学習で使用する教科書・テキストには、古いフレーズや日常会話では使用しない英単語、さらには間違った表現が掲載されていることもあります。授業で学んだフレーズで会話に挑んでみたものの、ネイティブには通じにくい古い表現方法であったり、堅苦しすぎる表現だったりすることもあるのです。

日本でいえば、明治時代の文学小説に出てくる言葉で話しているようなものでしょうか。英語力を高めるには、日常的に使用する単語やフレーズを選ぶ方が良いでしょう。

和訳中心の教育

日本では英語の理解力を調べる方法として、英文を日本語に和訳するのが一般的です。しかし、英文を素早く理解するには英語で読み、英語として理解する必要があります。全文を和訳していては意味を把握するのに時間がかかり、スムーズな会話も難しくなってしまいます。そのためには、英語に慣れ親しむ必要があります。

成長するにつれ英語に苦手意識を持つ方も増えてきます。英語と楽しく触れ合うためにも、知識の吸収が早い保育園や幼稚園頃から英語に触れさせることをおすすめします。

J’sは東京都港区にあるインターナショナルスクールです。ただ英語を学ぶだけでなく、授業を通じて世界の様々な伝統や文化を子供たちに伝授しております。真の国際教育を目指すインターナショナルスクールとして英語教育をサポートいたします。