英語が国際共通語なのはなぜか

国際社会においてよく使われているのが英語です。世界的に見ても、中国語の方が使用している人口が多いのに、なぜ英語が共通語として使われているのでしょうか。

歴史的背景

英語が国際共通語になっている理由には、歴史的背景が関係していると考えられています。かつてイギリスやアメリカは、アジアを含む世界各地を植民地にしていました。特に19世紀頃は、イギリスが7つの海を支配していた時代でもあり、植民地にされた国や地域では、当然のように英語が多く使われるようになりました。このような背景が影響して、現在でも英語を使用している国がたくさんあるのです。

英語の特性

フランス語やドイツ語など数多くの言語と比べても英語には複雑な文法がなく、比較的簡単な言語であることが国際共通語になった理由であるともいわれています。例えば中国語には北京語や広東語、台湾語などがあり、地方によって異なります。使用される漢字も1万以上もあり習得するのはとても大変です。しかし英語は、26文字のアルファベットを使うだけなので比較的簡単に習得できることから、共通語として使われているのでは、と考えられています。

アメリカの影響

そしてもう1つ考えられる理由として、アメリカの影響力が挙げられます。20世紀に入ると、アメリカはイギリスに代わって力をつけてきました。軍事力や経済力に加え、あらゆる分野でアメリカが突出して大きな影響力を与え、国際ビジネスで英語が使われるようになった、という意見もあります。

しかし、日本では英会話を得意としていない人がたくさんいらっしゃいます。その理由は様々ですが、どんどん進む国際化へ対応するためにも、英会話を学ぶ姿勢は大切だと思います。特に子供は吸収力が高いので、保育園や幼稚園のときからInternational schoolに通い、英語に慣れ親しんでいた方がいいのではないでしょうか。

巷では子供の英会話教室などがありますが、International schoolなら毎日英会話に触れられるので、自然と自分のものにしていけるでしょう。

東京都港区にあるJ’sでは、単に語学を身につけるだけでなく、個人のアイデンティティを形成していきながら国際的な教育を行っていきます。学費やカリキュラムなど詳細については、J’sへ気軽にお問い合わせ下さい。