英語が苦手な理由とは

同じアジア圏である中国や台湾、韓国、インド、タイなどは英語教育が進んでおり、簡単な日常会話ならある程度話せる人が多いです。様々な分野において優秀といわれる日本人ですが、英語を苦手としている人が多いです。
長期間、多くの学費をかけて英語を勉強しても、英語が苦手なまま身につかない理由とは何なのでしょうか。

文法の違い

日本は島国であり、中国やポルトガルなどの文化を吸収して、独自の文化を形成していきました。
また、江戸時代には長い鎖国体制によってさらに、独自の文化は色濃くなっていきました。
英語を使う国々との交流がとても少なく、言語文化も全く似ていません。特に日本の語順と英語の語順の違いは大きく、単語ごとに直訳すると文法的に成り立ちません。
そのため日本人には英語文法が複雑に思えてしまうのではないでしょうか。

英語が必要ない文化

英語が苦手な理由とは

鎖国時代が終わりを告げたあと、明治の人々は西洋の文化に追いつこうと必死に勉強をしました。そして短期間で急速に西洋化したという歴史が日本にはあります。西洋の文化が急速に国全体に浸透したのは、一部の優秀な人材による翻訳のおかげです。日本にはなかった単語も造語することで日本語として取り入れ、英語を使わなくても西洋の文化や医学、化学といった発展している分野の学習もできるようになりました。

他の国では、大学の授業は英語で行われていることもあります。
それは母国語に当てはまる単語がないため、母国語で学習することができないからです。高度な学習をするためには、英語が必要不可欠なのです。
日本では英語ができなくても充分に高度な学習が受けられるため、英語が必修というわけでもありません。この意識の違いが英語を苦手としたままとしている一因ではないでしょうか。

教育方法

日本の英語教育は文法に偏っているといわれます。先述したように、英語の文法は日本人にとって複雑であり、その難しい勉強ばかりを行っていては苦手意識が強くなるのも仕方のないことではないでしょうか。
どんなに文法学習しても、実際に外国に行った時に必要になるのは英会話です。
英会話をする授業はとても少なく、またネイティブな発音のできる教師も少ないです。

日本人の耳は英語の発音に慣れていないため、リスニングを苦手としている人が多いです。英語の発音に慣れるためには、保育園や幼稚園時期などできるだけ幼い時から英語に触れておくことをおすすめします。
英語に苦手意識を持つ前に、インターナショナルスクールに通って生活の中で英語に触れる機会を多くつくりましょう。

東京都港区元麻布にあるインターナショナルスクールJ’sでは、世界で活躍できるよう子供の育成に力を注いでいます。勉強として詰め込まれる英語ではなく、楽しんで英語を学ぶことで、子供の成長にも繋がります。