ホーム » 語学を学ぶ上で欠かせない文化

語学を学ぶ上で欠かせない文化

スムーズな英会話ができるようになったら、相手と英語で何を語り合いますか?語り合うためのテーマがなければ、本当の意味でのコミュニケーションは難しいかもしれません。そのためには自分の興味や関心を増やし、新しいものを積極的に取り入れる姿勢も必要になります。

英会話の基本は「異文化との共生」

多民族的な教室

日本のような単一民族的な文化と違い、アメリカやイギリスなどの英語圏では、多民族的な文化が圧倒的に多いです。そのため自分の意見をしっかり持ち、自分の考えを言葉で表現して相手に伝えることは、英会話の基本となっています。日本人の会話に良く見られる曖昧な表現が、英語圏で生活する相手に伝わらないのはここにあります。

また、誰が聞いても納得できる客観性、論理性を備えたコミュニケーションを行うことも当たり前となっているので、言い回しや語彙も増えます。さらに自分と価値観が違う人と対等に渡り合うためには、母国文化を理解して相手に説明する機会も増えます。

「英会話を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ

英語で学ぶ

英語の勉強が進むうちに、生活習慣からコミュニケーションに至るまで、理解できない文化の壁が立ちはだかりますが、英語力を身につけた後の目的があれば、英語は心強いスキルになります。日本国内にはない専門知識、スポーツや競技などの最新技術、多くの人と交流してビジネスを行うなど、英会話の勉強だけでなく、自分や相手の文化を英語で学んでいきませんか。

港区にあるJ’sインターナショナルスクールは、将来世界で活躍できる子供たちを育てるお手伝いを行っています。お子様に備わっている無限の可能性を伸ばすよう、様々なカリキュラムやプログラムをご用意しています。

港区にあるJ’sインターナショナルスクールでは、国際人としてのアイデンティティの確立にも重点を置いています。英語によって様々な文化を理解・吸収して、自分のものとして身につけていくことが真の国際教育だと考えていますので、日本文化の和の心を子供たちに伝えるため、楽器や舞踊、着付けや遊びなどの特別授業も行っています。

アフタースクールやホリデークラスのプログラムもありますので、学費や教育内容などお気軽にお問い合わせ下さい。保育園や幼稚園の成長著しい時期に英語教育だけでなく、協調性や共感、規律や個性などを伸ばす指導も行っています。