img_lovechart

Dear Ms. Irene and Mrs. Yang,I remember the moment, last year when I visited J’s for the first time to decide which school I would have to choose for my children. My family has been traveling to different countries during my children’s early childhood. My wife and I were seriously concerned about our children losing their self-confidence and getting passive in learning and playing at their school.

However, I was very impressed with Mrs. Yang’s passion and kindness that she has shown to me. I myself felt comfortable, which convinced me to decide that J’s was the school for our children. We believe J’s fits perfectly for us because it gives us a comfortable atmosphere so that my children can gain a positive learning attitude and self-confidence. Secondly, in a short period of time, J’s helped our children achieve a certain level of academic growth in a relatively short time. Our children had less than a year and half before they had to be admitted to Elementary school. Now, I can say without giving a second thought that my choice was excellent for my children. I am so happy and proud to watch my kids growing up every day with lots of achievements over the periods at J’s.

My children used to hide behind my back when they first started attending J’s. However, now they speak loudly and confidently, expressing themselves without hesitation to their teachers and friends. I can clearly see my children having a wonderful time at J’s through their big smiles and enthusiasm of wanting to go to school. It is sort of a small miracle to us.

My wife used to quite often say, “Youngwoo and Seoyoon did their worksheets very nicely this year and improved their academic skills incredibly compared to last year. I can’t possibly imagine all the effort and patience the teachers have been putting into our children.”

My children will go to St. Mary’s and Seisen from September this year. It is amazing that I do not have to hesitate or worry about their school lives. I do trust they will make another big growth and progress while they enjoy their new schools. This is all possible because of J’s.

My wife and I would like to give huge thank yous to the teachers at J’s international School, especially Ms. Irene for the tremendous help, commitment and sincere support. We were encouraged many times by Ms. Irene whenever we were concerned about our children showing minimal growth at times. We are so fortunate that our children were able to learn from Ms. Irene. She is a great teacher as well as a great advisor.

We will miss you all and the wonderful times we spent together. Thank you.

Warmest regards,

Youngwoo and Seoyoon’s Parents.

There are many questions and challenges that we as parents are facing. We always want the best for our children. I can’t tell you in words how much we have appreciated and are appreciating J’s work with our children. We couldn’t have chosen a better school for them than this, neither in Sweden nor in Japan.All our 3 children have gone to J’s. My son and first daughter started in 2006, and my youngest daughter will graduate this summer (2013). All three children have absolutely loved J’s! They have been happy and wanting to go to school everyday. They have always loved their teachers which are always happy and in my mind very professional.

There are several reasons why we choose J’s for our children. The school provides a very caring atmosphere; the teachers are very professional and always happy. The hours are very flexible if you want, and J’s have a great after school program for example Japanese, dance, math, art and much more. My children always loved the after school program! The curriculum is very structured and professional, and makes it a lot of fun for the children to learn. Location is great, and the trip to the park every day is great for the kids.

All my 3 children have always, everyday looked forward on going to J’s, and in my mind that is the best way of telling how great the school is! Happy children – happy parents!!

Our youngest child will graduate from J’s this summer to start NIS together with her older brother and sister. It will be a bittersweet moment! I am so happy and grateful for the education J’s has given my 3 children. They had the best start in terms of school experience – we will miss J’s so much!!

Nina Lee

J’sの皆様この度こうして娘の寿名が卒業を迎えることができ、これもひとえに先生方の愛情あふれるご指導のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。一年四ヶ月前に、2歳の時から通っていた老舗の人気プリースクールを、安全面と経営者のポリシーへの不信感から退学させることを決意した時、私も主人も日本の幼稚園という選択肢を第一に考えていました。娘はそのころからバイリンガルの子供でしたので、英語に関しては不安はなく、どちらかといえば今後もインターに進学するにあたって、この時期は日本語を集中的に伸ばしてゆきたいと考えたからです。けれど、インターネットでJ’sの事を知り、英語だけでなく日本語も専門の先生の指導で勉強すると聞き、興味を持ちました。その後、本人を連れて学校見学に訪れ、先生方の熱意やあたたかな校風を実感し、日本の幼稚園という選択肢よりも、J’sへ転校させた方が娘にとって良いという、我が家にとっては予想外の決断をする事になりました。
以前のプリースクールには娘も大変愛情着を感じており、退学、転校というプロセスは彼女を一時期非常にナーバスにしていました。けれど、J’sの先生方の、仕事という粋組みを越えた深い愛情のおかげで、ひと月も経たないうちに「J’sが世界で一番素敵な学校」と、新しい環境に順応出来るようになりました。また、遊びとお絵かきばかりだった以前のプリースクールと違い、スポンジのように知識を吸収するこの年齢の子供達に、本当に色々な角度から知識を与え、上の学校に進級しても余裕を持って勉強に打ち込めるだけの読み書きのレベルに到達させていただけたことも、J’sにいなければ実現していなかった成果だと思います。日本語に関しても、語学だけでなく、日本の幼稚園やお教室で学ぶ挨拶や季節感、歌など、週一日という限られた時間をフルに使った、内容の濃い授業でした。プリースクールは子供にとってまず第一に、感情をうまくコントロールできない時も含めて「あなたが大好き。あなたは本当に素晴らしい子よ」と抱きしめてくれる大人がいる、愛情に満ちた場所であること。そしてその次に、飽くなき子供の知識欲を満たし、これから一生つきあってゆく「学ぶ」という行為にポジティブな姿勢を身につけるというとても大切なスキルを習得させてくれる場所。というのが、私の求める条件でした。我が家にとって、J’sはこの二つを高いレベルで実現していました。子供達をあるがままに受け入れ、同時にそれぞれの子にあったペースとカリキュラムで、ひとりひとりの学力をのばす、先生方の熱意と努力には、親として頭が下がります。そして、涙、涙の卒業式が象徴していたように、仕事だけではなく、子供達を心から愛し、別れを惜しんで下さった先生方の愛情は、娘が大人の女性に成長して行く過程で、無意識であれ意識的であれ、彼女が健全が自我、自尊心を育む支えとなってくれる事と思います。

アイリーン先生、あなたと知り合えた事は、私達家族全員の喜びです。週末も削って子供達によりよい教材を用意し、それぞれの子供達がより楽しく、高いレベルの知識を身につけることが出来るように努力する先生の姿から、母親としてたくさんの事を学ばせられました。

ヤン先生、「私の大切な子供たち。可愛い可愛い子供たち」と、先生はいつも言っていましたね。親や祖父母以外に、これほど愛情を注いでくれる存在がいるという事。本当に感謝しています。

えいこ先生は物静かでにこやかな先生でしたね。静かだけれど、子供たち心の機微を読みとることが実に上手で、娘も含め、子供たちはえいこ先生を「セキュリティーブランケット」のように精神的に頼っていました。子供たちがさまざまな理由で、いつもよりナーバスだったり不機嫌だったりしたとき、いつもえいこ先生が抱きしめてくれた事を忘れません。

キャロル先生、マナ先生、みき先生にも本当にお世話になりました。

娘が進学する西町インターナショナルスクールの二カ国語教育は、日英どちらもおろそかに出来ないハイレベルの内容ですが、J’sで培った「自信」と「学ぶ喜び」を糧に、これからも母子ともども成長してゆけるよう、努力を重ねたいと思います。

ヒューイット理恵子
寿名

Dear J’s Teachers,I would like to thank you all for a terrific school year. Kai really enjoyed being at J’s this year and has matured and learned so much from being in such a caring environment. We wish that we could take J’s school to Boston so that Kai could enjoy another great year!

We will miss your cheerful smiles and especially all the love that you shared with Kai.?You all made me feel so comfortable because I knew that Kai was enjoying his days. Sometimes he would even complain, “How come I never get to stay late!” When your child doesn’t want to return home at end of an already long day, then you know he’s had a great day! I wish continued success for J’s school and hope that all your students enjoy J’s as much as Kai did.

Again, many heart felt thanks for your kind and warm hearted teaching.

Sincerely,

Lorrie S.

I really appreciate your consistent support and effort for our children. And it is my pleasure to have an opportunity to describe my thought about J’s International School.The reasons why we changed Kento’s previous school to J’s were 1)we recognized J’s was the best school to provide proper educational environment since we believed that linguistic skill should not only be a final goal but have to be a effective tool to enrich Kento’s life and world. We concluded J’s was the best place to realize that. 2) we already decided to put Kento in an International school a few years ago and after visiting several preschools, we learned that J’s was the only preschool to know the process, prepare a road map and have a game plan for upper international schools. 3) J’s understands the importance of the triangle of students, parents and teachers to lead children to the right direction for developing and upgrading their abilities.
We think choosing J’s international was the right choice to realize our educational plan for Kento.Kento graduated from J’s international school last year and now enjoys his school days at St. Mary’s.All the basics that Kento needed for St.Mary’s was all prepared and educated at J’s. Our second son, Kaito, is also successfully joining St.Mary’s from September this year. We thank J’s International School for having educated our sons to lead to the entrance of St. Mary’s smoothly.

Best Regards

Hideharu and Satomi T.

Isabel has thrived in J’s academic environment. Her development in English, mathematics and Japanese has exceeded our expectations. She will be very well prepared for entering first grade. In addition, the bi-lingual environment and access to after-school intensive Japanese class has helped her develop fluency and comfort with Japanese language and culture.Overall J’s has encouraged Isabel to develop self-confidence and self-reliance which has made her a much better communicator and a much more creative and enquiring student.

Henry R.

After School Intensive Class RecommendationOur daughter started to attend J’s when she was 2 1/2. She picked up English quickly but she was more comfortable with Japanese. But her English proficiency improved significantly after she started to take intensive program. She’s now able to understand most of spoken English and speaks English almost as fluently as her Japanese if not better. Furthermore, she began to recognize basic words when she sees them and she’s learning new words constantly. Now, she seems to prefer English over Japanese when reading a book or watching television. We highly recommend the intensive program to any parents wanting to improve a child’s English skills in the fastest and most effective way. The apparent changes will be very noticeable in just a few months.

Best regards,

Shoichi K.

2003年4月、息子が5歳になったばかりの春、私たちは初めてJ’s International Schoolの門をくぐりました。我が家は米国の企業からの派遣で日本に駐在している家庭とはいうものの、第一言語は日本語という彼にとって、英語環境で の幼稚園生活は期待と喜びと不安の入り混じったものでした。入園当初、息子は固く貝のように閉じた口を決して開こうとはしませんでしたが、心安らぐ園の雰 囲気や温かい先生方のまなざしに囲まれ、日を追う毎に本来の彼らしさを取り戻して行きました。その影にはいつも諸先生方のサポートがあったことは言うまで もなく、そのきめ細かなサポートは多岐にわたるすばらしいものでした。子供の精神面のサポート、親の不安の解消はもちろんアカデミックスキルに関する個々 の分析と弱点の克服など、いつも大変親身になって考えてくださいました。J’sの一日のカリキュラムは外遊び、ワークシート、クラフト、ペインティング、 クッキングなどがバランスよく組み合わせてあり、多方面にわたり子供たちの意欲を満たすことができました。毎月決められたテーマを基にさまざまなアクティ ビティーを通じて学んでゆくスタイルは他のスクールには例を見ないほどバラエティに富むものでした。そのような環境で学んでいるJ’sの子供たちはのびの びとし、輝いて見えました。息子は園で最年長ということもあり、少人数で縦割りという毎日の生活のなかで年少者を気遣い、助け、時に年長者としてリーダー シップを発揮することも学ぶことができました。息子は先生方から、草花に水をやるように太陽の光が降り注ぐようにたくさんの愛情と知恵を分け与えて頂きました。そして2004年6月、努力も実り、 St. Mary’s International Schoolへ進学が決まり晴れの卒園の日を迎えることができました。振り返ると子供の成長のひとつひとつを私たちとともに喜んでくださる先生がいつも居 てくださったことを思い出します。惜しみない愛を注ぎ、慈しみ育ててくださった諸先生方に心よりの感謝と御礼を申し上げます。これからもより多くの方々が J’sと出会い、さらにすばらしい園となって行くことを願っております。本当にありがとうございました。

Masao M.

J’sを選ぶに当たって、乗り換えがあり、通学時間に1時間弱要してしまう事、また満 員電車に大人しく乗っていられるだろうかと不安な要素が幾つかありました。しかし、重要視すべきは学校の質や内容であり、それ以外は判断材料にすべきでは ないという結論に達しJ’sを選びました。
2歳3ヶ月で通い始めまだ日本語もままならない状態でしたが、日本語でも英語でもない、でもとても英語っぽく聞こえる言葉をよく1人で話す様になり、 2ヶ月も経つと1人遊びをしながら、少しずつ英語が出てくる様になりました。心配された通学電車ですが、J’sの帰りの車内では彼の頭の中は すっかり英語モードになっている様で、先生の真似をしたり、その日習ったお歌を歌ったり と、今では親子でとても楽しく過ごせる時間となりました。
2歳というまだ小さい時期に、母親と離れる時間を持つという事も心配でしたがJ’sの先生方は、本当に細かい所まで一人一人をよく見て下さり、親の様に 惜しみなく愛情を注ぎ、しかし親の様に感情的になる事は決してなく、離れている時間は、彼にとってメリットになりこそすれ、決してデメッリトにはならない と確信しました。
通学時間や距離に惑わされる事なく子供にとって一番重要ないい環境で初めての学校生活を スタートさせてあげられる事が出来、本当に良かったと思いま す。Keiko I.
先ずJ’sの先生達に感謝の言葉を伝えたい。私の子供たちが幼稚園をこんなに楽しんだ ことが以前なかったのに、この頃は毎朝、楽しい所に行くという喜びを子供達に与えてくれてどうも ありがとう。
はじめて日本に来て、日本語も英語も話せない子供達が、幼稚園にすぐ慣れるのか、すごく心配だった。はじめは『行かないと泣いちゃったらどうしよう。言語 ストレスで何ヶ月間は苦労するだろう。』と考えたのだが、J’sの教育哲学を信じて子供達をJ’sに行かした事だった。しかし、この頃はこの考えが杞憂に すぎなかったと思っている。子供達が一番変わったのは、英語はもちろん日本語も楽しいしい遊びとして認識し始めたことだ。新しい言語を習うことと使用する ことに関して、今まではすごく拒否感があったのだが、J’sに行ってからは拒否感が全く無くなった。この頃は公園で外国の子供達に会ったら、自ら近寄って 英語で話しかけたりするし、すぐ友達になれるようになった。私に幼稚園で習った新しい表現を使いながら、自慢したりするのが、とても可愛く感じる。子供達 は「幼稚園で習った。先生がいつも横で親切に教えてくれる。」と言っており、この頃は教育の力を実感している。J’sは私の子ども達に新しい文化に接することができる架け橋の役割をしてくれた天使だと思う。
子供達に情緒的な安定感と創意性、また、豊富な感性を育ててくれて、どうもありがとう。Seok Jo Y
私どもの子供が幼稚園で年中の時に急に途中でJ’sに移ったのは、夏休みに3週間サ マーファンに通っていてそれが終わるころに子供が「J’sの先生と離れたくない」と強く言い出したことがきっかけでした。私どももJ’sの暖かさを感じて いましたし、たった3週間のサマーファンでもいろいろなアクティビティーを楽しんでいたことと、子供の英語力も少し伸びたように感じたこともあり、家族で 子供も交えてとことん話し合って転入させることにしました。それ以前からもJ’sの土曜日のクラスに通っていて、そちらは男の先生もいらして違う雰囲気で 楽しく通っています。Katsushi. S
ウィリアムの日本語を一生懸命教えて頂きお陰で漢字もきちんと覚えて書き順もだんだん間違えずにできるようになり、進歩が見え心より感謝しております。昨夜は教科書を朗読したら間をあける所、ちょっと止まる ”、” や “。” も少しづつ上手になりました。日本語を担当しているゆうこ先生のお陰です。ありがとうございます。
Sachiko Hogg