文化や考え方の違いから生まれる!日本と海外の教育方法の違い

日本と海外の教育方法には、いくつかの違いが見受けられます。これらの違いは文化や考え方の違いから生まれるものです。

どの方法も一概に良いと言い切ることはできませんが、一つの教育方法にとらわれないためにも、日本と欧米をはじめとした海外の教育方法の違いについて解説します。

学習の進め方の違い

学習の進め方の違い

日本では、みんなが同じようにできることを前提とした学習のスタイルが定着しています。そのため合格するまで何度もテストを受けさせたり、五教科すべての成績を伸ばすことを目指したりする傾向にあります。

なかなかできない子にとっては苦痛な面もありますが、諦めず繰り返すことで能力を伸ばす側面もあるスタイルです。

一方海外では、すべてができなくても良しとする雰囲気があります。伸び伸びと学べる一方で、できないことはできないまま放っておかれるリスクもあります。

できたこと・できないことの評価の違い

日本ではできることは当たり前として扱われ、できないことについては注意を受けることがあります。そのため失敗を恐れて積極的になれないことがありますが、丁寧で慎重な取り組みが得意な傾向にあるのです。

一方海外では、できることを褒めて伸ばそうとする方法が取られます。そのため多少できないことがあっても自信をもって行動できますが、大事な場面で失敗を繰り返すと信頼を失ってしまうこともあるのです。

進級制度の違い

進級制度の違い

海外の教育方法では、できないことに対して強く批判されることはあまりありません。しかし、学校や保護者が進級できるレベルに達していないと判断した場合は、たとえ小学生でも留年することがあるのです。

なぜなら海外では、「子供の能力に応じた学年に配置する」という考え方が一般的だからです。そのため留年だけでなく、成績によっては飛び級することもできます。

毎年一学年ずつ進級するのが当たり前の日本では、留年も飛び級も理解しがたいかもしれません。しかし、早期入学・早期卒業には、自分のスキルを伸ばしやすいというメリットもあります。

子供をプリスクール、インターナショナルスクールに入れて英語教育に力を入れたいとお考えでしたら、東京都港区のJ’sまでお問い合わせください。

港区の一軒家で経営しているJ’sは、1歳3ヶ月から6歳までの保育園・幼稚園の幼児を対象としたスクールです。英語や西洋の文化だけでなく、東洋の文化にも触れながら、国際社会の一員としてのアイデンティティを確立できる教育を行っております。

英語だけではないインターナショナルスクールを港区周辺でお探しなら、J’sにぜひご連絡ください。

港区で英語教育を受けさせたいとお考えならJ’sへ

スクール名 J's International School
住所 〒106-0046 東京都港区元麻布2丁目12−14
TEL 03-3452-2078
URL https://www.js-international-school.com/