港区でインターナショナルスクールをお探しなら幼児から英語教育を行って英語力を高めるJ’s~幼児期から始める英語教育の重要性~

港区のインターナショナルスクールに通って、お子様にバイリンガル教育を行うなら

港区のインターナショナルスクールに通って、お子様にバイリンガル教育を行うなら

港区インターナショナルスクールにお子様を通わせようとお考えなら、15ヶ月から6歳までのお子様に真の国際教育を提供しているJ’sをご利用ください。

2002年の開校以来、子供たち一人一人に西洋と東洋両方の伝統・精神を伝授しており、世界の様々な文化を吸収することで、自己のアイデンティティ確立に繋がるよう努めています。

スクールでは、Little Lambs・Busy Bees・Ready Rabbits・Clever Catsと4つのクラスをはじめ、毎週水曜日と金曜日にアフタースクールプログラムを導入しています。子供たちの表現力を最大限に引き出し、会話力と読解力といった英語力を高める授業を展開してまいります。

英語教育が幼児の時期からおすすめされる理由

英語教育が幼児の時期からおすすめされる理由

子供への英語教育は「早いほど良い」とされています。子供の脳は6歳までが発達の黄金期と言われており、言語や音感といった聞き取りに関する能力が高い時期になります。

幼児期は学んだことをスポンジのようにすぐに吸収し、身にすることもできる記憶力抜群の時期なため、この頃から英語を学ばせる家庭も多いのです。また、幼児は左脳よりも右脳が活発に動くため、大人になって英語学習を行うよりも“感覚的”に英語に触れ、“イメージ力”を使って目や耳で見聞きした内容をどんどんインプットできます。

幼児は英語に対して先入観もないため、ネイティブの発音の聞き分けもスムーズです。このような理由から、英語教育は幼児の時期からおすすめされています。

港区のインターナショナルスクールなら英会話・英語力を高めるJ’s
~カリキュラム・学費の詳細も~

港区のインターナショナルスクールに通って、お子様の英会話や英語力を高めるなら、多国籍の先生によるバラエティーに富んだアプローチ・教育を得意とするJ’sへお越しください。英語教育を始めたばかりの生徒には、日本語と英語が堪能の先生が優しくサポートを行います。

バイリンガルで国際的な人材に育てることを目標に、港区のインターナショナルスクールで幼児への英語教育をスタートしませんか。英会話や英語力をステップアップさせたいときはJ’sへご連絡ください。カリキュラム・学費についても詳しくお伝えいたします。

お役立ちコラム

港区でインターナショナルスクールにお悩みの際はJ’s

スクール名 J's International School
住所 〒106-0046 東京都港区元麻布 2-12-14
TEL 03-3452-2078
URL https://www.js-international-school.com