英語は英語で学んだほうが良い?子供にネイティブな英語を学ばせるなら港区のJ’s

日本では2020年度より、中学校の英語の授業は基本的に英語で行うことが発表されました。

これまでは、日本人講師によって日本語で学習することが多かった英語ですが、ネイティブな英語を学ばせるために、プリスクールやインターナショナルスクールに子供を通わせたいと考える親御さんは多いです。

では実際、英語を英語で学ぶことにはどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

コミュニケーションツールとして英語を使う

コミュニケーションツールとして英語を使う

英語の習得は、単語の暗記や文法の知識を得ることが目的ではありません。英語をコミュニケーションツールとして使うことが目的です。

しかし、日本語を介して学習していると、聞き取った英語を日本語で理解して、自分の考えを日本語でまとめてから英文にして…と会話のテンポが崩れてしまいます。

テンポよく会話をするためには、英語をそのまま理解し、英語で考えて話せることが大事なのです。

英語に触れる機会を増やす

英語に触れる機会を増やす

英語はスポーツと同じように毎日取り組み、練習することが大切です。しかし苦手意識を持ってしまうと、練習を休みがちになってしまいます。

日常的に英語で授業が行われていれば、意欲の有無に関わらず自然と英語に触れることができるため、徐々に苦手意識も薄れてくるでしょう。

英語を学ぶモチベーションを維持する

日本に住んでいるとなかなか英語を使う機会がありません。努力して学んだことをすぐに活かせず、次第に英語学習へのモチベーションが下がってしまいます。

しかし、英語で英語を学んでいると、学んだ表現がすぐに役立つため、学べば学ぶほど「わかる!」と実感することができてモチベーション維持に繋がります。

東京都港区で、生の英語を体験することができるプリスクールやインターナショナルスクールをお探しでしたら、J’sへお越しください。

港区にあるJ’sは1歳3ヶ月から6歳までの子供たちを対象に、ハイレベルなバイリンガル教育を行っております。最初はネイティブの先生やお友達と一緒に楽しく遊びながら英語に慣れ親しみ、成長に合わせて人気の教材「フォニックス」を使って、英語力を高めていきます。

プリスクール、インターナショナルスクールでお子さんの実践的な英語力を磨くなら、港区のJ’sをぜひご利用ください。

港区にあるプリスクールの見学をご希望ならJ’sへ

スクール名 J's International School
住所 〒106-0046 東京都港区元麻布2丁目12−14
TEL 03-3452-2078
URL https://www.js-international-school.com/