港区の幼稚園で英語を基準に選ぶならインターナショナルスクール・J’sが学費やカリキュラム以上の英会話の教育を提供~正しい英単語のスペルを覚える大切さ~

港区の幼稚園で英語の教育を行うスクールなら多国籍の先生が揃ったJ’s
~学費やカリキュラム以上の英会話の教育を目指せる~

港区の幼稚園で英語の教育を行うスクールなら多国籍の先生が揃ったJ’s~学費やカリキュラム以上の英会話の教育を目指せる~

港区幼稚園英語英会話なら、インターナショナルスクール・J’sをお選びください。

バラエティーに富んだアプローチ・勉強法で子供たちの自立心を確立し、積極性や表現力を養うことを目指して、英語や日本語教育の充実、東洋・西洋の伝統と精神を伝授することに重点を置いています。

学費やカリキュラム以上の教育を考えている親御様は、ぜひ港区の幼稚園(英語)J’sへお問い合わせください。

英単語のスペルを正しく覚える上で大切なこと

英単語のスペルを正しく覚える上で大切なこと

英語や英会話の勉強をする上で、どうしてもネックとなるのが英単語のスペルです。英語は他言語に比べて「読み方」や「書き方」が分かりにくく、ネイティブの子供でもスペルを正しく書けるようになるまで、時間がかかることも少なくありません。

外国の幼稚園では、「a~z」のアルファベットや「th」・「sh」などの文字と発音について学びます。「Phonics(フォニックス)」と呼ばれる音声学習法で、ある程度スペルの規則性を理解しておくと、英単語のスペルを覚えることができます。

スペルは日本で言うなら漢字のようなもので、一般的な勉強法に“暗記”が用いられることが多いです。しかし、ただスペルを書いて暗記するのではなく、まずは耳から入る音を聞いて、その発音からスペルを推察して単語を書けるようになることが大切です。

港区の幼稚園で英語・英会話ならインターナショナルスクールのJ’sがサポート

港区の幼稚園で英語の教育を行うスクールをお探しなら、バイリンガル・多国籍の先生が揃ったJ’sへお申し込みください。米国の文部省で認定されている教材を基に英語教育を行っており、子供の年齢や発達段階に合わせて本や教科書を使用します。

また、東洋教育の一環として日本語の教育をはじめ、着物の着付け・日本舞踊・作法、日本伝統楽器の三味線に触れる場も用意しています。日本の伝統文化に楽しく触れることができますので、子供たちに西洋と東洋、両方を学んでほしいとお考えなら、インターナショナルスクール・J’sへご連絡ください。

お役立ちコラム

英語を港区の幼稚園で勉強するならJ’s

スクール名 J's International School
住所 〒106-0046 東京都港区元麻布 2-12-14
TEL 03-3452-2078
URL https://www.js-international-school.com