なぜ早期英語教育は求められている?その背景とは

2011年度より小学校5、6年生の外国語活動が必修化されました。そして2020年度からはさらに、小学校の英語教育に変化が起ころうとしています。

今回は早期英語教育が求められる背景、それに伴う小学校の英語教育の変化についてご紹介します。

早期英語教育が求められているのはなぜ?

早期英語教育が求められているのはなぜ?

そもそも早期英語教育がなぜ求められているのか。

その背景にあるのは、グローバル化により英語力が求められるようになったことです。英語教育を充実させることが課題となり、2008年の学習指導要領の改定において、小学校5、6年生に英語教育を導入しました。

小学校5,6年生の「外国語活動」から「教科の英語」へ

現在、小学校5、6年生を対象に外国語活動が必修化されています。しかし、2020年度からは英語として教科になるのです。

外国語活動では英語に親しむことが目的となっているため、成績はつきませんでした。しかし、教科になると国語や算数と同じように段階的に評価されることになります。ただ中学校での英語とは異なり、「話す・聞く」を体験したうえで、簡単な語句や表現の「読み・書き」にも触れていきます。

小学校3、4年生から「外国語活動」が必修化

小学校3、4年生から「外国語活動」が必修化

教科として英語を学ぶ前段階、小学校3、4年生で外国語活動の必修化が始まります。

イラストやジェスチャー、ゲームなどを通して英語に慣れ親しんだり、感覚的に日本語と英語の違いに気づいたりすることが目的です。

英語独特の感覚を身につけることにより、5、6年生、中学校以降の学習にも繋がっていきます。

中学校では英語での授業を実施

文部科学省は、2020年度より中学校の英語教育について「授業は英語で行うことを基本とする」ことを新学習指導要領で発表しました。そのため、小学校でしっかりと英語の「話す・聞く」を身につけることが大切です。

小学校入学時期よりも前に英語に触れさせたいとお考えでしたら、東京都港区のインターナショナルスクールJ’sへ。

東京都港区にあるJ’sは、最新の教育ツールを使い、子供の好奇心や想像力を刺激しながら指導を行うインターナショナルスクールです。J’sで培った英語力は、小学校から始まる外国語活動や教科としての英語のベースとなるだけでなく、グローバル化が進む社会の中で活躍する人材となるための力となります。

東京で幼児からの早期英語教育をお考えでしたら、港区のインターナショナルスクールJ’sまでお気軽にお越しください。

東京でインターナショナルスクールをお探しならJ’sへ

スクール名 J's International School
住所 〒106-0046 東京都港区元麻布2丁目12−14
TEL 03-3452-2078
URL https://www.js-international-school.com/